ジャンルがポートレート写真だから人物写真だけ撮っていると思っている人が多いと思いますが、僕の場合に限っては大きな大間違いです。

 もちろん人物撮影の割合はダントツに高いのですが、それ以外にも官庁のポスターや企業の会社案内・ホテルや学校のパンフレットや、商品撮影、骨董・美術品の撮影から複写まで、様々な企業や媒体で喜んで頂き、お部屋からお墓など極端な案件まで本当に色々な撮影をお任せいただいているのです。

 そんな事を書きながら思い出した印象深い取材撮影の話を少々いたしますと、ポテトチップスで有名なカルビーのウェブコンテンツ『じゃがいもDiary』用の取材でした。それはもう本当に素敵なシーンを色々見せてもらいました。 最初に驚いたのは取材する畑の前で履いている靴にカバーをした事です。履いている靴はいろんなところを歩いているのでいろんな雑菌も付いているので、そんな雑菌と土との接触を防ぐためだったのです。これは畑に入る度に毎回新しいカバーをしなくてはなりません。土がこんなにも大切にされているのには感動でした。一言で言うと”土とじゃがいも”を本当に大事にしていらっしゃる事です。

 深イイ話はまだたくさんあるので詳しくは是非この『じゃがいもDiary』をご覧ください。僕も昨年の撮影の一部をお手伝いさせて頂いていますが現地でじゃがいもを見守りながら、じゃがいもの一番素敵なところを担当Sさんが激写しています。担当Sさんにもお会いしましたが、優しく素敵な方でした。

 こんな感じで、色々な撮影のお手伝いをさせて頂きながら見たことのないシーンに出会え、知らない事を教わるのでどんな現場も楽しくてたまりません。また現地に伺いたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です